酸素濃度計|3000

ホーム > 製品紹介 > 酸素濃度計 > 酸素濃度計|3000
酸素濃度計|3000  
  • image
  • image
  • image

長寿命の酸素セル採用、多様な測定レンジに対応

シリーズ3000微量酸素計は、酸素測定レンジが0~1ppmから0~10000ppmのマイクロプロセッサ制御計測器です。1レンジ固定のほか、3レンジ切替式から選択します。酸素の値はLCDに常時表示されます。 この計測器は卓上型や携帯型の機器からMEMA7(防爆)規格に準拠したシステムに至るさまざまな機械的構成のものが選択できます。

取扱も容易で、ユーザー様で標準ガス校正を簡単に実施できます。

最新の酸素センサー
シリーズ3000微量酸素計は、最新の電気化学式酸素センサで、抜群の性能、精度、安定性を備えています。
さらにセンサの設定の改善により長寿命化が実現し、電解液の漏れ(定期的な電解液の保守が必要なため費用がかかるというセンサに関わる悩みの種)が事実上なくなります。標準ガスによる校正作業も簡単な操作で実行できます。酸素センサの安定化により、様々な測定範囲を実現しました。0-1/10/100ppmなどの3レンジ切替式、または0-10ppmなどのレンジ固定式から選択します。
簡単操作かつ使用環境に適した幅広いオプション

シリーズ3000微量酸素計の魅力は、その使いやすさです。フロントパネルには、この計測器を設定するための5個のスイッチがあります。各酸素系は、4個のアラームリレーを標準として備えています。この4個のリレーはすべてForm C(SPDT)型で、定格はAC100VおよびDC30Vで10Aです。各リレーは、フェールセーフ動作をするようにユーザが設定できます。酸素系は、アラームリレーの他に内臓のアラーム1個とアラーム状態の表示用にフロントパネルLED3個を備えています。
シリーズ3000微量酸素系は、4~20mA、0~2Vの2つの標準アナログ出力を備えており、これらはレコーダ、データロガーなどに使用されます。硬度の通信の場合、シリーズ3000微量酸素系は、オプションのRS-232CまたはRS-485シリアル通信を用いた構成ができます。複数個所に設置する場合は、RS-485形式の方が長距離にわたるデジタル信号の送信を行え、同一の通信チャンネル上で各モニタを制御することができます。

 

外装はハンドル付の卓上型、パネル枠付のパネル型から選択します。

センサの設置場所に応じて、卓上型用の機器背面、遠隔測定用のリモート式から最も適したものを選択することができます。

他に、オプションで吸引ポンプ、流量計、バルブ、耐圧防爆外装、が選択できます。

 

image

●正確な酸素測定
安定性に富み、長寿命を実現したセンサを採用し、一酸化炭素、水素、炭化水素、その他の還元ガスでも測定誤差がありません。
●利用の安全性
定期的に危険物質の水酸化カリウム(苛性カリ)を満たしておかなければならない機器もありますが、シリーズ3000微量酸素センサは密封されていて液の補充が必要ないため、こうした液に触れる危険性がありません。
●多様なオプション
本体の取っ手やパネル枠、ポンプや流量計などの周辺部品、耐圧防爆外装など、使用環境に最適な仕様を提案することができます。

用途

アンモニアの生産 アンモニアの生産 反応機触媒の保護
バッテリの製造 バッテリの製造 ゴムの重合
バイオ研究 バイオ研究 半導体の製造
半導体ウェハーのガスシール 半導体ウェハーのガスシール 金属粉末の焼結
セラミック部品の製造 セラミック部品の製造 鋼の生産
化学製品の製造 化学製品の製造 合成化学製品の製造
コンタクトレンズの製造 コンタクトレンズの製造 トリチウムの回収
ガラスの製造 ガラスの製造 容器のガスシール

製品の詳しい仕様については下記のフォームに必要事項をご記入頂けますとご覧頂けます

各製品の仕様が記載されたカタログデータのダウロードが可能です。

CONTACT

「露点計の見直しを検討しているが、入れ替えによって生じるリスクや自社で導入するにあたって
概算費用を知りたい。」
「露点計の変更が確定している訳ではないが、まずは相談したい。」など、
お気軽にお問い合わせください。

03-3271-1681